年収が安定していることが人気

医療業界の年収の特徴は、安定していること、初任給が高いこと、選択肢次第で収入アップが狙えることではないでしょうか。
まず初任給であれば、一般企業の平均が約17万円から21万円程度であるとされています。一方医療職では、資格手当がつくこともあり、約20万から25万円程度となるようです。また生涯年収は、大企業に比べたら少なくはなるようですが、社会の情勢に影響を受けることなく安定していることが魅力的であると言えることでしょう。40代における平均収入は、理学療法士や言語聴覚士では約400万円から430万円程度とされています。
また、収入をアップするためには幾つかの選択肢があります。例えば、民間企業に就いたり、病院での業務をしながら研修会や講座の講師を積極的に引き受けたり、公務員になる、役職に就くなどです。
まず、大企業に入社した場合を考えてみましょう。例えば、言語聴覚士では平均収入が約450万円程度とされていますが、大企業にいくと約530万から550万円程度となるようです。社会の不況などにより転勤を考えないといけなくなったとしても医療業界にまた戻ることも可能です。
次に、講座の研修会を引き受けると、一回の講師料は1万円から10万円程度になったりするようです。人気者講師となれば大幅に収入が上がり、700万や中には1000万を超える人もいるようです。
また、公務員になった場合は、公務員法の仕組みに合わせて給料が決定していきます。その場合、初任給は約17万円などのように低くなる場合が多いようですが、年功序列で昇給することに合わせて、役職なども得ていくため昇給の幅はとても広くなるようです。
このように色々と年収の仕組みはありますが、社会情勢に影響されることなく安定しているという点で、医療の業界が人気のようです。