スキルアップしていこう

医療業界のなかでも比較的需要の高い看護師の年収ですが、新人看護師とベテラン看護師ではかなり収入に差があるようです。これから、資格を考えている方の為に、まずは新人看護師の年収についてお話ししていきます。
スタート時は個人差がありますが、約300万円前後になるようです。出身の大学や専門学校によっても基本給が変わってきます。当たり前ですが、より学歴の高い方が基本給が高くなります。4年制大学と専門学校出身では、基本給がおよそ2~4万円くらいの差があるようです。さらに、夜勤手当てや掃除手当てなど病院によってさまざまですが手当てがついてきます。
また、看護師の資格にプラスして、呼吸器系や糖尿病疾患、情報管理などより専門性の高い資格を取得すると、さらに手当てが増えます。だんだん仕事に慣れてくると、責任のある役職がついてきたり、また手術や特殊検査の仕事も任されてきます。そうなると、さらに手当てが増えるでしょう。さらに、これは新しく学校に通うことになりますが、看護師より上の助産師や保健師などの資格を取得すると、基本給が大幅に変わってきます。ここまでくると、だいたいベテラン看護師の部類に入り、病棟主任や副主任を任されるようになり、個人差や病院によってさまざまですが、年収は約400万円くらいになるようです。そして、看護師長や部長クラスになると約500万円を越えてくるようです。
ここまで、お話しした流れは順調にいった場合です。何となく仕事をするのではなく、日々の業務のなかでよりスキルアップしていく気持ちを持つことが大切になります。