医療業界の平均年収

医療業界には、病院で活躍する人材以外にも薬を扱う薬局や医療機器を作るメーカーなどがあります。そのような人材の平均年収とは、いったいどのくらいなのでしょうか。医療業界に関心を持っている人や、その道を目指す人にとっては知っておいた方がいい情報だと思います。(参考URL→ http://iryo-nenshuchosa.com
まず、職業別に見ていくと薬を調合する薬剤師は、最近は薬局に限らずドラッグストアなどでの活躍も広がってきました。そんな薬剤師の平均年収は、約533万円となっています。これは年齢や職場の形態にもよりますが、25歳でドラッグストア勤務であれば約400万円という年収です。
そして、女性に多い看護師の平均年収は約519万円です。これも正看護師か准看護師によって異なり、交代勤務か外来の日勤によっても差が出てきます。しかし、女性の職業別では、看護師は昔から上位を占める年収を維持しています。
次に、医療機器を手掛けるメーカーでは、40歳で平均年収が約650万円となります。医療機器は各メーカーが扱っていますが、技術職となることからそれなりに優秀な人材がそろっています。
また、医薬品メーカーでは40歳での平均年収は約850万円です。医薬品メーカーはメーカーごとにそれぞれ大きな差が目立ちますが、シェア率や研究費の規模によって影響が出てしまいます。
以上のように、医療業界全体の平均年収を見てみると、基本的に他の業界と比べても平均年収は高い傾向があります。医療業界で活躍するには、それにふさわしい知識や技術が必要ですが、将来的な面を考えると経済的な安定が期待できるようです。